男の人

フードコーディネーターの夢を叶えたいなら専門学校に通おう

知識や技術が身につく

女性

現代の学校

今、調理師専門学校はどんどんハイレベルになってきています。今からその内容を少し説明させてもらいます。まず、調理師専門学校では、昔は筆記(知識)の勉強しながら、調理実習するという形が昔ながらのオーソドックスな形でした。しかし、今の調理師専門学校はかなりの飛躍と進歩をみせ、変わってきています。まず、ワンセルフ実習です。これは、作業や調理を全て一人で作るという実習です。次にトゥーセルフ実習です。これは、二人で作業や調理を分担して行う実習です。次にグループ実習です。これは、3〜4人で仕事を分けて調理や作業を分担して、コミュニケーションをとるという実習です。次にシュミレーション実習です。これは、調理師として実際に作る人や料理を運ぶ人、料理を出す人等に分けて、実際お客様がいるという想定を踏まえての実習です。次にインターンシップ実習です。これは、調理師を目指している人が、実際にレストランやホテルの職場に入り、研修をするという実習です。後は、技術試験やトレーニング実習といった昔ながらの実習ももちろんあります。最後にレストラン実習というのがあります。これは、実際に今まで調理師専門学校でやってきたことを生かして、実際にお客様を迎え入れて、お客様の注文に合わせた調理場との連携や、接客技術を習得するという実習になっています。今の調理師専門学校は、まさにすぐにでも飲食店の職場に入って仕事をできるようなプロ顔負けの専門学校になりつつあると思います。