男の人

フードコーディネーターの夢を叶えたいなら専門学校に通おう

専門学校での学び方

調理

食の知識を増やす

食に特化した専門学校では、フードコーディネーターを目指す人を対象に、業界などの現場主義で構成されたカリキュラムが即戦力とした学びに直結することからも、評価されています。フードコーディネーターとしての基本知識は必須ですが、カリキュラム内容には食品企業の商品開発部で活躍できたり、店舗の企画からシミュレートするプロデュースの活躍までが期待できます。基礎カリキュラムの内容には、コーディネーターとして必須となる栄養学や食育を学ぶものの、その中でもアンチエイジングやスーパーフードなどのトレンドを学び、料理教室をオープンできるまでのノウハウが学べる内容も評判です。総合学習でもあるため、売れる商品作りや販売促進方法までを学んだり、店舗設計とメニュー企画構成を学ぶことによって、レストランプロデュースの流れを掴んでビジネスの現場で即戦力として活躍が期待できます。フードコーディネーターの資格を取得した後、活躍ぶりにはメディアでの露出も評価されていて、カリキュラム内容には、魅力的な料理の見せ方や演出を学ぶなどのフードスタイリングに必要な術が実践的に学べます。カリキュラムの詳細な内容としては、フードカメラマンから料理写真の撮り方を学んだり、自分自身でスタイリングした料理や食器などを撮影しますが、必然的にレイアウト方法や撮影アングルを含めて、撮影技術を身に付けられる利点が挙げられます。もちろん、フードコーディネーターとして、実践的なカリキュラムが組み立てられているので、料理動画の編集までが組み合わさり、卒業時に作品制作などで力量を図ることも専門学校によっては行われています。