調理器具

フードコーディネーターの夢を叶えたいなら専門学校に通おう

女性

知識や技術が身につく

今の調理師専門学校は一昔前の調理師専門学校とは比べ物にならないくらいの進歩を遂げています。色々な実習や研修を通して、いつ飲食店の職場に入っても困らないような基礎や知識を身に付けられる学校になりつつあると思います。

食のプロが目指せる

料理

テレビCMや、雑誌などで紹介されている料理は、とても美味しそうに見える、と感じた事がある人も多いでしょう。これは、フードコーディネーターが手がけている事が多く、食材の特徴を引き出し、美味しく見えるように撮影しているのです。フードコーディネーターは、他にも企業の商品開発やレシピ作成、飲食店のプロデュースや、料理学校の講師など、食に関わる仕事をしており、幅広く活躍しています。フードコーディネーターは、民間資格になりますが、資格を取った方が就職に有利に働くでしょう。フードコーディネーターを目指せるスクールは、現在沢山あるので、誰でも学ぶ事ができます。スクールを選ぶ時は、自宅からの通いやすさや、学費の安さを重要視する人も多いでしょう。しかし他にも、どのような講師が教えてくれるのか、確認が必要です。第一線で活躍している講師であれば、最新の知識や技術を学ぶ事ができるでしょう。他にも雑誌やテレビ撮影など、フードコーディネーターが、実際に活躍している現場を体験できるカリキュラムがあると、よい経験を積む事ができます。最近では、無添加や有機野菜など、ナチュラルフードについて学べるスクールもできているため、選択肢を広げる事ができるのです。現代では、様々なレシピサイトや雑誌が人気になっており、無農薬など安全性にこだわる人も増えています。食に対する意識が高くなっているため、フードコーディネーターは、この先も活躍できる場が増えていくでしょう。

女の人

人気の理由

フードコーディネーターが近年非常に人気を集めています。健康食ブームにより、食に関心を持つ人が増えているためです。企業に就職するだけでなく、フリーランスで働くことができるのも魅力で、自分の頑張り次第でいくらでも仕事の幅を広げることができます。

調理

専門学校での学び方

フードコーディネーターとして、業界で活躍したい人にとって、専門学校でのカリキュラム内容が実践に役立つか否か、判断材料にも繋がります。基礎カリキュラムのみならず、応用や活躍するフィールドに合わせて、授業を進められるのも特徴です。